会長挨拶

田中俊宏会長

第70回日本皮膚科学会中部支部学術大会
会長 望月 隆(金沢医科大学皮膚科学講座 教授)

この度第70回日本皮膚科学会中部支部学術大会を金沢の地で主催させていただくことになりました。金沢医科大学皮膚科がこの会を担当させていただくのは前任の石崎 宏教授以来、20余年ぶりです。この様な機会を与えていただいたことは大変な名誉であり、心より感謝いたしております。

学術大会を開催するにあたりテーマを「皮膚科の学びを楽しもう」といたしました。皮膚疾患に真摯に取り組み、患者さんのQOLの向上を目指すのはもちろんですが、皮膚自体が学びの対象としてのおもしろさに富んだ、大変ユニークな臓器であるという思いは皮膚科医の共通の認識ではないでしょうか。皮膚に向き合うことで自らの学びも深められる、その様な気づきも共有できれば良いなと考えております。

現在教室では目下このようなテーマに沿ったプログラムを作成中です。この学術大会が皆様への有益な情報源になるとともに、新たな学びの契機になることを祈念しております。

10月の金沢は、一年中で最もしのぎやすい季節ではないかと考えています。奮ってご参加いただき、学会での活発な活動とともに、初秋の城下町の風情や加賀・能登の豊かな自然をお楽しみいただければ幸いです。

2018年11月吉日